FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.28 藤子F不二雄ミュージアム

最寄は登戸、向ヶ丘遊園・・・と小田急つながりだったりするので書きましょか。ちなみに先の小田急ファミリー鉄道教室の日記を重い腰を上げて書くきっかけは帰りに乗った小田急線の車内広告に鉄道教室の事が載っていたから・・・

ってことはおいといて、箇条書きで本題へ。

・行きはJR南武線の宿河原駅から徒歩。理由は隣のグループの後輩がここに住んでいて「ああ、歩いて余裕で行けますよ」との言葉を信じ・・・ちなみに15分ほどかかりました。あと駅前にローソンがあるのですがここが藤子F不二雄ミュージアム仕様になっていました。

・やはり混んでいるようで自分たちは16時からの入館のチケットでしたが、15時30分には中へ入れてもらえました。

・混雑を恐れてまず行ったのがミュージアムカフェ。140分待ち・・・まっ受け付けてもらえたので閉館までには食べれるだろうと思ったので整理券もらって予定通り展示室等を見学することに。

・展示は一通り見ました。藤子不二雄ワールドが好きな人はたまらないと思います。(自分もカミさんも娘もそうですが)なお忍者ハットリくん、怪物くん、笑ゥせぇるすまんは藤子不二雄Aの作品ですのでこれらの展示は一切ありません。

・展示・シアター(藤子F不二雄作品メンバー総出演)・その他見学場所すべて1時間強で見学。混んでいたので少し巻き気味ですが。

・で、一通り見終えたあとにまたカフェに戻ると丁度自分たちが呼ばれました。待ち時間にすると100分くらい?

・ミュージアムカフェでは自分はラーメン大好き小池さん(要するに小池さんのラーメン)、母娘はふわふわ卵のドリアもん(ドラえもん)頼みました。見た目は面白い!ただ味は普通だったかな?

・最後にお土産になりますがこれが高いのなんの。入館料が比較的安いのでこれで儲けを取ろうというのか・・・

・帰りは登戸駅までバスです。ドラえもん仕様の川崎市バスで気合いが入ってますが・・・よく考えたら「川崎市 藤子F不二雄ミュージアム」市を挙げて気合いが入っているわけですね。(なお、小田急の登戸駅の列車接近チャイムがドラえもんの主題歌でした)

滞在時間はそんなに長くなかったですが楽しかったです。三鷹にあるこの手の美術館よりは数倍楽しかったような・・・

これから行く人のために「こうですよ」的な日記になってしまいましたが以上です。

フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
フォト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。